発達障害支援アドバイザー資格を取るメリットや合格率を徹底解説【2022年版】

発達障害支援アドバイザー資格を取るメリットや合格率を徹底解説【2022年版】
  • URLをコピーしました!

発達障害への関心が年々高まる中で発達障害支援に関する資格が注目されていますよね。国家資格や公的な資格はまだ存在せず、通信教育で取得できる民間資格が主流です。

とはいえ、以下のような悩みを抱える主婦が多くなっています。

  • 発達障害の知識を深めたいけど、やり方が分からない
  • 子どもとより良い関わりをしてストレスを減らしたい
  • 資格に興味があるけど、選び方がイマイチ分からない
KANAMI

そこで本記事では、発達障害者支援資格の中から「発達障害支援アドバイザー」と「子ども発達障がい支援アドバイザー」を徹底解説しています!

せっかく目指してもイメージとのギャップを感じて後悔をしないために、あなたにピッタリな資格を見つけましょう。

主婦向けの発達障害おすすめ資格!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

目次

発達障害支援アドバイザー資格の特徴・メリット

発達障害支援アドバイザー資格の特徴

https://elearning.ddsienn.jp/aboutLicense.html

発達障害支援アドバイザーは、発達障害支援アドバイザー協会が主催している民間資格です。具体的には3つのグレードに分かれている資格制度で、発達障害支援アドバイザー資格は初級編に該当します。

発達障害支援アドバイザー資格の特徴

  • 3つのグレードに分かれている民間資格
  • 初級編が発達障害支援アドバイザー資格
  • 専門知識がなくても基礎から学びやすい
  • 動画教材でモノの見え方や対応法を理解
  • eラーニングで自宅でオンライン受講対応
KANAMI

3種類のグレードに分かれているので、知識レベルを上げることもできます。基礎から日常で活用できるスキルまで目指せますよ!

発達障害支援アドバイザー資格のメリット

発達障害支援アドバイザー資格のメリットは、3つです。

発達障害支援アドバイザーのメリット

  1. 発達障害への理解や知識をつけること
  2. 対応を学ぶだけでなく、実際の発達障害児の視点に立った学び
  3. 受講料が発達障がいの啓蒙活動に全額寄付される(一部講座)

最大の魅力は、発達障害の子どもから見る世界・物の捉え方を体感できること。医師や各分野の専門家が講師をしているので、発達障害に関する専門的な知識の習得が可能となっています。

発達障害支援アドバイザー資格のデメリット

発達障害支援アドバイザー資格のデメリットは、2つです。

発達障害支援アドバイザーのデメリット

  1. 受講できる媒体が限られている
  2. テキストを活用しないで勉強する

発達障害支援アドバイザー資格の勉強は、すべて動画配信による勉強になっています。パソコンやスマホ・タブレットから受講する必要があり、ガラケーでは受講できないので注意しましょう。

テキストベースで勉強をしたい方は、不安に思うかもしれませんね。受講前に詳しく確認しましょう。

発達障害支援アドバイザー資格の合格率・難易度

発達障害支援アドバイザー資格の合格率は、公表されていません

合格率や試験難易度が分からない一方で、eラーニングの確認テストや動画の繰り返し視聴で大半は一回で合格できていると予想できます。

KANAMI

医学的知識・専門知識がなくても誰でも受けられると公表されているので、難易度は高くないと予想できますよ!

【似ている資格】子ども発達障がい支援アドバイザー資格の特徴・メリット

子ども発達障がい支援アドバイザー資格の特徴

ユーキャン公式サイト

子ども発達障がい支援アドバイザーは、発達凸凹アカデミーが認定している民間資格です。子供の発達に関する理解を深め、家庭内での生活支援や育成支援が目的になっています。

KANAMI

発達障害を持つ子どもに関する知識や接し方、事例までを包括的に学べるカリキュラムですよ!

子ども発達障がい支援アドバイザー資格のメリット

子ども発達障がい支援アドバイザー資格のメリットは、3つです。

子ども発達障がい支援アドバイザーのメリット

  1. サポート体制が充実
  2. 絵カードや支援DVDの副教材が豊富
  3. 最終試験も自宅でOK

教材はテキストだけでなく、絵カードや支援DVDなどの副教材が豊富にあり、実用性の高さがポイントです。日常生活の中で絵カードを活用したり、勉強しながら実践できる内容になっています。

さらにスキマ時間だけで、映像講義の勉強や確認テスト・添削課題に取り組めます。好きな時間に効率よく勉強できる上に、在宅試験で気軽に合格を目指せるので忙しい主婦でもストレスなく勉強できるでしょう。

子ども発達障がい支援アドバイザー資格のデメリット

子ども発達障がい支援アドバイザーのデメリット

  1. プロのアドバイザーになれない
  2. カウンセリング等を実施できない

子ども発達障がい支援アドバイザー資格の習得スキルは、「家庭内で実際の関わりに役立つ対処法」や「発達障がいの基礎知識」が中心です。指導スキルまでは難しいので注意が必要です。

子ども発達障がい支援アドバイザーの合格率・難易度

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は、合格率が公表されていません。とはいえ、合格ラインは70点以上の正解になるため、難易度が低い資格の部類に含まれます。

KANAMI

ユーキャンは実績が豊富な通信講座で、サポート体制が充実しているメリットもあります。ちょっとしたスキマ時間でも、効率よく取り組めますよ!

↓↓↓

無料 資料請求はこちらから

2種類の発達障害支援に役立つ専門資格を徹底比較

スクロールできます
通信講座子ども発達障がい支援
アドバイザー
発達障害支援アドバイザー
受講料
(税込)
32,000円33,000円
受講期間3ヶ月
※最大6ヶ月まで指導
6ヶ月(7時間20分)
認定発達凸凹アカデミー発達障害支援アドバイザー
合格率・難易度合格率:不明合格率:不明
難易度
教材の内容テキスト・副教材e-Learningを用いた動画教材
サポート体制1日3問まで質問可能
スマホで隙間時間学習ができる
webコンテンツあり
各分野における一流講師陣による解説
問い合わせフォームから質問可能
詳細公式サイト公式サイト

受講料や学習期間・サポート体制で比較

受講料やサポート体制で比較

  • 受講料:ユーキャンの方が6,000円安い
  • 受講期間:共通で最大6ヶ月間は無料で延長OK

受講料や期間・サポート体制で比較すると、実績が豊富なユーキャンの方が充実しています。はじめての試験勉強で、継続する自信がない場合はユーキャンの方がストレスフリーで取り組みやすいでしょう。

KANAMI

資格は無理のない範囲で目指した方が継続しやすいです。割引クーポンやキャンペーンを活用して、お得に受講することもポイントですよ!

学習カリキュラムや教材内容で比較

学習カリキュラムで比較

  • 初心者向け:子ども発達障がい支援アドバイザー
  • 専門性が高い:発達障害支援アドバイザー

発達障害支援アドバイザーは、3つのレベルに分かれているカリキュラムになっているので、初心者でも独立・開業スキルまで目指しやすいメリットがあります。

一方で、子ども発達障がい支援アドバイザーは、初心者でも分かりやすいテキスト教材や絵カードなどの副教材でマイペースに取り組める特徴がポイントです。

KANAMI

共通して、勉強が苦手でも家事や育児をしながらスキルアップできる特徴があります。日常で活用できる実践スキルを無理のないペースで目指せますよ!

↓↓↓

無料 資料請求はこちらから

発達障害支援に役立つ専門資格はユーキャンがオススメ

結論
  • 2種類の資格は初心者でも目指しやすい
  • スキマ時間に効率よく勉強できる
  • 発達障害支援アドバイザーは3段階で専門性が高い
  • 子ども発達障がい支援アドバイザーは初心者向けで分かりやすい
2種類の資格を比較しよう!

「発達障害支援アドバイザー」と「子ども発達障がい支援アドバイザー」の大きな違いは、学習レベルと学習カリキュラムです。特に勉強が苦手で忙しい主婦は、途中で挫折しないために無理なく取り組める環境選びがポイントです。

発達障害に関する資格を目指したいけど、勉強を続ける自信がないな…と悩んでいたら、まずは分かりやすいユーキャンでスキマ時間に子ども発達障がい支援アドバイザーを目指してみませんか?

↓↓↓

無料 資料請求はこちらから

スクロールできます
通信講座児童発達支援士子ども発達障がい支援
アドバイザー
発達障害支援士発達障害支援アドバイザー
受講料
(税込)
47,400円
37,400円
32,000円109,780円33,000円
試験料
(税込)
4,070円
認定人間力認定協会発達凸凹アカデミー日本発達障害支援協議会発達障害支援アドバイザー
初学者向け
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料・キャンペーンは公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる