発達障害グレーゾーンの子どもって?3歳・4歳・5歳の特徴を分かりやすく解説【体験談あり】

発達障害グレーゾーンの子どもって?3歳・4歳・5歳の特徴を分かりやすく解説【体験談あり】
  • URLをコピーしました!

この記事で分かること(1分)

  • 発達障害グレーゾーンの年齢別の特徴
  • 自分の子どもが発達障害グレーゾーンかもと思ったらやってほしいこと
  • 発達障害について学ぶためにオススメの資格

育児の大変さや、発達の不安を身近な人に相談すると「男の子だから」「うちもそうだよ」「元気でいいじゃない」「考えすぎ」などと言われた経験がありませんか?

優しいフォローは分かりますが、「私の関わり方がダメなのかな」「私がちゃんと育てられていないのかも」と悩んでしまいますよね…。

子どもが発達障害かもしれないと考えたら、私の関わり方や育て方に問題があるのでは…?と悩んでしまいました。

そこで本記事では、私が発達障害グレーゾーンの特徴と発達障害グレーゾーンかも…と感じた時に行動した3つのポイントと体験談を詳しく紹介しています。

主婦向けの発達障害おすすめ資格!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

目次

発達障害のグレーゾーンとは?

発達障害グレーゾーンとは、発達に関して何らかの不安や気になる点はあるものの「発達障害」と明確な診断がない状態のことです。

発達障害グレーゾーン
2つのタイプ
  1. 発達診断基準を満たしてなく診断を受けない軽いタイプ
  2. ある程度大きくならなければ診断をつけられないタイプ
グレーゾーンにもタイプがあります。

特に発達に不安があっても大きくなるまで様子見と判断されやすいADHDは、「親の努力不足」や「躾がなっていない」など自問自答してしまうケースは少なくありません。

発達障害のグレーゾーンでも、本人や生きづらさを抱える場合には、支援やサポートを受けていく必要があります。

KANAMI

1人で悩みを抱え込んでも解決できません。まずは年齢別の特徴を知って、あなたができることを考えていきましょう!

【3歳】発達障害グレーゾーンの子供の特徴

3歳児の発達障害グレーゾーンの特徴

  • 言葉の遅れが目立つ
  • 癇癪がひどい
  • こだわりが強い

3歳児は、発達障害のグレーゾーンでなくても落ち着きのなさが特徴的です。

グレーゾーンの子で「あれっ?」と感じる特徴は、言葉の遅れや癇癪(かんしゃく)のひどさです。また特定の事柄のこだわりは、3歳ごろから目立ち始めます。

KANAMI

出かけた時の道順やモノの並べ方・行動の手順などにこだわりがあり、マイルールが乱れると癇癪(かんしゃく)やパニックを起こす傾向があります。子どもが求めていることを、いち早く理解してあげましょう!

【4歳】発達障害グレーゾーンの子供の特徴

4歳児の発達障害グレーゾーンの特徴

  • 落ち着きがない
  • 友達とケンカをすることが多い

4歳児のグレーゾーンは、座っているよう指示されてもジッと座っていられません。あっちにふらふら、こっちにふらふら…。自分の気になるものを見つけると、一心不乱に走り出す特徴があります。

また、言葉による意思表現が苦手なため、すぐに手が出る・相手が嫌がることをしてしまう傾向があります。結果として、友達と喧嘩に発展しやすく注意が必要です。

【5歳】発達障害グレーゾーンの子供の特徴

5歳児の発達障害グレーゾーンの特徴

  • 順番やモノの貸し借りなど遊びのルールが理解できない
  • 集団行動が苦手

グレーゾーンでない子どもは「話を聞くとき・座っていないといけないとき」など周りの状況を見ながら、適切な動きができるようになります。一方で5歳児の発達障害グレーゾーンの子どもは、遊びの場面で参加するものの順番待ちやおもちゃの貸し借りなどのルールが理解できずにトラブルになる傾向が特徴です。

「まだ小さいから」と思っていた成長の差が周りの子たちの成長や発達に伴い、次第に差が大きく感じてきます。特に5歳児付近から、不安な気持ちが増す親は多いですね。

>> 発達障害の子どもをサポートするスキル

子供がグレーゾーンかも…と思ったときにできること

発達障害グレーゾーンかもと思ったときに
できることは3つ!
  1. 幼稚園や保育園での様子を聞く
  2. 専門知識をもつ人・専門機関に相談する
  3. 発達障害について学ぶ
今すぐできることをチェック!

上から順番に紹介していきます。

幼稚園や保育園での様子を聞いてみる

1つ目の対策は、幼稚園や保育園での様子を先生に聞くこと

発達障害の症状は、日常生活では気づかないことも多々あります。発見が早ければ早いほど、子どものストレス軽減や親の不安・負担を減らせる可能性があるため、親の目が届かない場所での様子を聞いてみましょう。

KANAMI

私も自分では「辛い」「なんか不安」と思っていても、他の子どもと比べてどうなのかわかりませんよね。たくさんの子ども達を見てきた先生に聞いて見る方法も1つの手段です。

専門知識を持つ人、専門機関に相談してみる

2つ目の対策は、専門知識を持つ人・専門機関の相談をすること

近年では、発達障害の相談窓口(インターネット上)や市区町村の保健相談窓口で発達に関する相談ができます。特に市区町村の保険相談窓口は、地域の療育事情に精通している上に、療育開始のサポートをしてくれるのでおすすめです。

KANAMI

私の場合は、市の子育て相談ダイヤルで保健師さんに相談し、別日に心理士さんによる簡単な発達検査を受診しました。療育が必要と言われた時も市の療育施設と連携し、見学から受給者証の申請まで手厚くサポートしてくれましたよ!

発達障害について学ぶ

3つ目の対策は、発達障害の知識を勉強すること

発達障害やグレーゾーンの子どもの特徴や適切なケアを、親が理解してあげればストレス・負担の少ない環境をつくれます。例えば、悩みのタネだった癇癪(かんしゃく)やパニックも原因や対処法がわかれば辛さは軽減されます。

KANAMI

親が発達障害を理解できれば、子どもとの円滑なコミュニケーションや先回りしたフォローができます。感情だけで注意するのではなく、知識をつけることも大切ですよ!

>> 発達障害の子どもをサポートするスキル

発達障害コミュニケーションサポーターの資格がおすすめ

発達障害をより詳しく学び、子どもとの関わりに生かしたい場合は、発達障害コミュニケーションサポーター資格がおすすめです。家事や育児をしながらでも、在宅でサクッと習得できる民間資格です。

発達障害コミュニケーションサポーターの特徴

  • 発達障害の基礎知識・接し方が明確になる
  • 適切なコミュニケーション力が身につく
  • 知識がなくてもスキマ時間だけで十分な内容
  • 在宅試験でマイペースに取り組める
  • 子どもの自己肯定感を高めるキッカケになる

子どもが成長していく過程で、他者とのコミュニケーション能力は避けて通れないですよね。コミュニケーションがうまくいかない場合は、友達とのトラブルやいじめなどさまざまな問題が引き起こされる可能性があります。

結果として、子どもの自己肯定感が大幅に低下してしまうリスクがあります。勉強が苦手な場合でも、分かりやすい教材でスキマ時間に取り組めるので忙しい主婦でも取り組みやすい特徴がポイントです。

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

まとめ

発達障害のグレーゾーンを
正しく理解しよう
  • 幼児期は発達障害の判断が難しい
  • 成長によって差を感じやすい
  • 3つの対策でグレーゾーンを確認
  • 親が子どもを理解することが大切
  • 専門資格の勉強がおすすめ!
子どもとのコミュニケーションを意識しましょう!

発達障害のグレーゾーンは、発達に何らかの不安や気になる部分はあるものの明確な診断がついていない状態です。

とはいえ、グレーゾーンと判断されても適切な子どもとの距離感やコミュニケーションスキルが困りますよね。そこで1番のおすすめは、発達障害コミュニケーションサポーター資格の勉強です。

KANAMI

子どもは親の行動・接し方をよく見ています。勉強が苦手でもスキマ時間にサクサク取り組める内容なので、前向きに取り組めますよ!

子どものグレーゾーンが心配で何かしらの対策をしたいなら、まずは発達障害の子どもの適切な知識を身につけてみませんか?

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる