発達障害の子どものコミュニケーション力を高めるトレーニング方法4選【2022年版】

発達障害の子どものコミュニケーション力を高めるトレーニング方法4選【日常生活変】
  • URLをコピーしました!

「うちの子、友達と上手に会話ができないんです・・・」「集中力がなく、飽きっぽく何事も続かず、どうしたらいいのか分からないです。」

このような悩みをお持ちの人は多いのではないでしょうか。

発達障害を持つ子どもは年々増えています(※)。一方で、発達障害の特性やこだわりがあり他者とうまくコミュニケーションを取れず、社会生活に困難が生じてしまうケースもあります。

他者とのコミュニケーションで悩みを抱えるケースは、とても多いです。具体的な改善策を見つけないと、辛い気持ちが増えるだけになってしまいます。

そこで本記事では、コミュニケーションを高める具体的なトレーニング方法と、さらに知識を深める資格を詳しく紹介しています。

主婦向けの発達障害おすすめ資格!

独学で発達障害児支援資格は目指せません。ちょっとしたスキマ時間に在宅で勉強・試験ができるので、子育て真っ最中という方でも目指しやすいですよ!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

※引用元:https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/09/__icsFiles/afieldfile/2019/09/24/1421554_3_1.pdf

目次

発達障害の子どもに見られるコミュニケーションの特徴

発達障害の子どもに見られる
コミュニケーションの特徴
  1. 言葉によるコミュニケーション
  2. 言葉以外のコミュニケーション
2種類の特徴を詳しくチェック!

順番に詳しく紹介します。

言葉によるコミュニケーションの特徴

発達障害の中でも特に自閉症障害がある場合、他者とコミュニケーションを取る事が苦手です。具体的には3つの特徴を想定できます。

  1. 人との関わりが一方的
  2. 教科書のような話し言葉になる
  3. 遊びのルールを理解できない

3つの特徴を詳しく紹介します。

人との関わりが一方的

1つ目の特徴は、人との関わりが一方的で話したいことが中心になる状況です。

相手の気持ちに頓着(とんちゃく)がないため、同年代の子どもと相互的な友達関係の構築が難しくなります。結果として、親密な人間関係を築きにくく一方通行な関わり方になりやすいです。

教科書のような話し言葉になる

2つ目の特徴は、教科書のような話し言葉になることです。

会話の相互性が乏しく、相手への配慮や冗談・皮肉など言葉の裏に隠されたニュアンスの読み取りが難しくなる可能性があります。悪気がなく話していても、相手を不快にさせて怒らせてしまうケースも少なくありません。

遊びのルールを理解できない

3つ目の特徴は、複雑な遊びのルールを理解しにくいことです。

想像力が乏しくごっこ遊びや想像力が必要な遊びのルール理解ができず、活動への参加ができないケースがあります。同じことを繰り返したりこだわりを見せるため、興味の幅が広がらない場合が生じます。

言葉以外によるコミュニケーションの特徴

  1. 乳幼児期から目線を合わせない
  2. 乳幼児期に親の後追いをしない
  3. 逆さ売買により距離感が読めない
  4. 問題行動を起こしてアピール

上から順番に詳しく紹介していきます。

乳幼児期から目線を合わせない

1つ目の言葉以外の特徴は、乳幼児期から目線を合わせないこと。具体的には、感覚過敏・感覚鈍麻の傾向があり、身体的コミュニケーションが苦手な傾向が多いです。

乳幼児期に親の後追いをしない

2つ目の言葉以外の特徴は、乳幼児期にあやしても反応が乏しくて親の後追いをしないこと。親の手を使って物を取るクレーン現象など、予測と異なる行動を起こす場合があります。

逆さバイバイにより距離感が読めない

3つ目の言葉以外の特徴は、相手と自分の立場を置き換えることが難しく逆さバイバイをすること。相手の手のひらが自分に向いているため、自分も同じ行動をしてしまう状況は少なくありません。

問題行動を起こしてアピール

4つ目の言葉以外の特徴は、問題行動を起こしてアピールすること。注意を引きたい・自分の気持ちを伝えたい場合に問題行動を起こして、別の形でアピールをする場合があります。

発達障害の子どものコミュニケーション力を高めるトレーニング(療育)は全部で4つ!

発達障害を持つ子どもの
コミュニケーション力を高めるトレーニング
  1. 自己肯定感を高める
  2. 感覚統合訓練を行う
  3. SSTを行う
  4. ワーキングメモリを強化する
お家でできるトレーニングも紹介します!

トレーニング①:自己肯定感を高める

1つ目のおすすめトレーニングは、自己肯定感を高めること。発達障害を持つ子どもは、他の子どもよりも失敗体験を繰り返している状況は少なくありません。

中には、自分はダメな子だと思い込んでしまっている場合もあります。

具体的な対策は「〇〇ができて、すごいね」「頑張ってて偉いね」と、子どもができることにフォーカスして伝えてあげましょう。小さな成功体験の積み重ねが、本人の自信に繋がります。

子どもは褒められれば、よく見てくれていると安心感が持てるので、信頼関係を深める結果につながります。

自己肯定感を高める方法はこちら

トレーニング②:感覚統合訓練を行う

2つ目のおすすめトレーニングは、感覚統合訓練をすること

発達障害を持つ子どもは、感覚過敏・感覚鈍麻・身体の使い方や手先が不器用な特徴があります。身体のぎこちなさは、感覚が統合されていないから起こります。

感覚が統合されていない状態は、コミュニケーションスキルの発達に影響があるといわれています。複数の感覚を整理する脳の機能を感覚統合と言いますよ!

人間の感覚は7つ!

  • 五感(触覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚)
  • 固有受容覚(手足の状態・筋肉の伸び縮みや関節の動きを感じる感覚)
  • 前庭覚(身体の動きや傾き、スピードを感じる感覚)

人間は感覚から刺激を受け、脳で考え行動をします。通常であれば感覚を正しく取り入れますが、発達障害を持つ子どもは混乱するリスクがあります。

発達障害の子どもたちは、感覚統合の訓練をすれば情報が整理できるようになっていきますよ!

例えば、平均台・トランポリン・さまざまな感触の物を触るゲームなどの遊びを通して、五感にいろいろな刺激を与えて感覚統合を心がけると対策しやすいでしょう。

トレーニング③:SSTを行う

3つ目のおすすめトレーニングは、SST(ソーシャルスキル・トレーニング)。具体的には、日常生活の中での他者と関わる能力を上げるトレーニングのこと。

“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。小児の分野では「社会的スキル訓練」、教育の分野では「スキル教育」とも呼ばれます。

https://www.jasst.net

発達障害を持つ子どもは、他者と上手にコミュニケーションを取れずにトラブルを起こすリスクがあります。SSTで感情を理解し周りの人の表情を読み取り、具体的な対処法を学べます。

集団生活の中で、理解できるようになればストレスも軽減され、トラブルを起こす回数も減っていきますよ!

トレーニング④:ワーキングメモリを強化する

3つ目のおすすめトレーニングは、ワーキングメモリを強化すること。ワーキングメモリは、必要な情報を一時的に記憶し複数作業をこなす記憶能力です。

ワーキングメモリの機能が弱いと困ること

  • 忘れ物やなくしものが多くなる
  • 会話の内容を忘れて、会話がチグハグになってしまう
  • 行動の切り替えや会話を続けることが難しくなる
  • 場違いなことを口走ったり、スケジュールが守れない

ワーキングメモリの強化方法を紹介します!

まずは、文字理解と音読を同時に「音声情報」として記憶しましょう。そして新しい情報を、すでに認識している知識と紐付けして記憶させます。

視覚で情報を取り入れるために、絵カードや表を活用すると効果的です。子どもに情報を伝える場合、口頭だけでなく文字や絵を加えると、情報を整理しやすくなります。

【お家でできる】発達障害の子どものおすすめトレーニング 

https://surala.jp/ld4/pc/index.html

発達障害の子どものトレーニングは家庭環境や状況で異なりますが、気軽に取り組みたい場合は「すらら」がおすすめです。オンライン教材の活用で、楽しみながら勉強ができるでしょう。

すららのおすすめポイント

  • 発達障害の専門家が監修している無学年式オンライン教材
  • 発達障害児の特性を活かして学べる
  • 音声と文字の両方から情報を入れて、記憶を定着できる!
  • 集中が続きやすい対話形式のスタイル など

発達障害の子どもをもつを親は「頑張らなきゃ!」と自分を犠牲にしてしまうケースが多いです。頼れるものには頼り、心と身体をリラックスする時間を作ることもポイントですよ!

【知識 UP】発達障害コミュニケーションサポーターの資格がおすすめ 

https://www.manacal.co.jp/communication-license/

発達障害の子どもを育てる上で、専門的な知識を身につけたい場合は「発達障害コミュニケーションサポーター」がおすすめです。具体的には、年齢と特性に合わせたコミュニケーションスキルを高める専門資格になります。

資格のおすすめポイント

  • 自己肯定感を上げて二次障害を防ぐ
  • 適切なコミュニケーションスキルを理解する
  • 子どもが自立するサポートができる など

子どもの自立は、親のサポートは必要不可欠です。適切なコミュニケーションを身につけ、未然にストレスを軽減させてあげなしょう!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

発達障害の子供のコミュニケーション力を高めるトレーニング方法は4つ!

結論をまとめると以下のとおりです。

発達障害の子どもの
コミュニケーションを高める方法
  1. 自己肯定感を高める
  2. 感覚統合訓練を取り組む
  3. SSTを実行する
  4. ワーキングメモリを強化
4つのトレーニングをチェック!

4つのトレーニングは共通して「子どもの自己肯定感を高めること」がポイント。子どもからすると親に褒められると味方がいると感じ、ホッとするためです。

まずは、あなたの子どもがストレスなく安心できる環境づくりを意識して、最適な接し方を見つけましょう!

主婦向けの発達障害おすすめ資格!

独学で発達障害児支援資格は目指せません。ちょっとしたスキマ時間に在宅で勉強・試験ができるので、子育て真っ最中という方でも目指しやすいですよ!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次