看護助手に求められることは?してはいけないことと比較して考えよう【現役看護師が解説】

看護助手に求められることって何か分からない。してはいけないことを明確に知りたいな。

女性を中心にパートやスキルアップとして人気のある看護助手。良いイメージが強い一方で、求められることやしてはいけない作業を明確に答えられる看護助手は少ないでしょう。

じゃあ、具体的な求められることってなに…?そこで本記事では、看護助手の求められること・してはいけないことを現役看護師が徹底解説しています。

看護助手が求められること
  • 生活環境や病室環境の業務
  • 一部の直接ケアや看護
  • 先回り・視野が広い行動
  • 笑顔で前向きな考え方
  • 日常のコミュニケーション
看護現場の意見を紹介しています!

せっかく就職できても、やりにくさやイメージとのギャップが大きいとやる気がなくなりますよね。看護助手で働いている・これから看護助手を目指すなら、ストレスの少ない職場環境を目指しましょう。

  • この記事を監修した人
ポピー

かなみ(KANAMI)

看護師7年目、小児科看護師。遊びつつも短期集中型で勉強して、国家試験合格!効率が悪いことが大嫌い。

看護助手資格なら、おすすめは…ユーキャン

  • ユーキャン:分かりやすい教材で効率重視
  • たのまな:無制限の質問でモヤモヤ解消
  • LEC:メディカルワーカーを目指せる通信
  • ソラスト:eラーニング形式でどこでもOK

※まずは無料の資料請求がおすすめです。

\はじめてでも分かりやすい

※しつこい勧誘は一切ありません。

おすすめ看護助手講座4選の比較はこちら

目次

看護助手がしてはいけないこと【仕事・コミュニケーション】

看護助手に求められることを知る前に、してはいけない仕事・コミュニケーションスキルを理解しましょう。具体的には以下の3つです。

上から順番に紹介していきます。

看護助手がしてはいけないこと①:独自の判断で仕事をする

看護助手がしてはいけないことの1つ目は、独自の判断で作業・業務を進めるケース

「自分で作業した方がはやい」「良かれと思って行動した結果、怒られた…」など、かゆい経験は看護助手あるあるな話。とはいえ、決められた業務範囲でないと罰則になるリスクがあるため注意が必要です。

看護助手の仕事内容

  • 主治医若しくは看護師の指示を受けて、看護補助を行う
  • 看護師長及び看護職員の指導のもとに業務を行う
  • 「療養上の世話」と「診療の補助」に該当しない
  • 看護の専門的判断を要しない

※病院や施設によって業務分担が異なります。
※引用元:https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/11/dl/s1104-3i-0006.pdf

簡単にまとめると、自分の判断で行動はできずに看護師や師長などの指示のもと、業務を遂行します。

看護助手のメリット
看護助手のデメリット
  • 師長・看護師などから守られている
  • 的確な作業内容が分かる
  • 指示のあった作業を遂行する
  • 自由な仕事をしにくい

看護助手がしてはいけないこと②:言い訳を並べて、何も解決しない

看護助手がしてはいけないことの2つ目は、言い訳を並べて何も解決できないケース

仕事をしているとミスは誰でも起こりますよね。ミスは全員でカバーすべきですが、原因や問題発覚を探す目的で話を聞いても言い訳ばかりだと解決策が見えてきません。

言い訳が多いと解決できない!

  • 看護助手の中には言い訳が多い
  • ミスは再発防止のためにヒアリング
  • 立場関係なく、向き合う姿勢が大切

犯人探しをしたいわけではありません。看護師・看護助手関係なく、全員が向き合ってより良い環境を目指しましょう!

看護助手がしてはいけないこと③:コミュニケーションを取ろうとしない

看護助手がしてはいけないことの3つ目は、コミュニケーションを取らないケース

「話しかけると面倒な先輩や上司がいるから、あとでいっか…」なんて考えていると、大きなトラブルに発展する場合があります。小さな問題でも、報告・連絡・相談ができる看護助手は重宝されやすいでしょう。

資格や立場は関係なく、仲の良い職場は連携しやすいです。患者さんのために普段からコミュニケーションを取ると働きやすくなりますよ!

\ストレスない働き方を目指そう/

看護助手に求められることは?【仕事編】

看護助手に求められること
【仕事編】
  1. 生活環境や病室環境の業務
  2. 一部の直接ケアや看護
2つの仕事内容を確認しましょう!

順番に紹介していきます!

看護助手に求められる仕事①:周辺業務

1つ目の求められる仕事は、生活や病室環境の業務です。

内容によっては体力が必要なケースもありますが、基本的にはルーティン業務が多いです。具体的には、ベットメイキングや書類整理など簡単な雑務関連となります。

周辺業務のプロを目指す

  • 病床周辺の清掃・整頓、病室の調整
  • シーツ交換やベッドメイキング
  • 診療に必要な書類整備・補充
  • 診療材料の補充や整理、片付け など

※引用元:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/246

患者さんが心地よく入退院できる環境を整えます。看護助手の重要な役割ですよ!

看護助手に求められる仕事②:一部の直接ケアや看護

2つ目の求められる仕事は、一部の直接ケアや看護・対応です。

とはいえ、独自の判断でケアや看護は認められていないため、看護師・師長などと一緒または指示のもと対応をします。

一部の患者さんのケアや看護

  • 食事の介助やトイレの介助
  • おむつ交換、衣類の着脱介助、清潔ケアの介助 など

作業によってはできない内容もありますが、お任せするケースも多いです。急患が入った場合など、本当に助かっていますよ!

\責任感ある仕事ができる/

看護助手に求められることは?【コミュニケーション編】

看護助手に求められること
【コミュニケーション編】
  1. 先回り・視野が広い行動
  2. 笑顔で前向きな考え方
  3. 日常のコミュニケーション
3つのポイントが大切です!

上から順番に紹介していきます!

看護助手に求められるスキル①:先回りした行動ができる

1つ目の求められる看護助手スキルは、先回りした行動ができること。

勤務先でダラダラ作業をして、残業が長引いたり・使えないなんて言われるのは悲しいですよね。慣れると全体が見えてくるので、前もった対応を心がけるとストレスが減るでしょう。

先回りした行動のメリット

  • 職場内で感謝され、評価が上がる
  • ネチネチ文句を言われなくなる
  • 残業やダラダラした作業が減る

看護助手や看護師は関係なく、次に必要な行動を予測した方がトラブル対応もこなしやすいです。自分を守るためにも、考えながら働いた方が良いでしょう。

看護助手に求められるスキル②:常に笑顔で、前向きな考え方

2つ目の求められる看護助手スキルは、前向きな考え方で素直な姿勢・笑顔な関わり方です。

ぶっきらぼうな表情の人よりも笑顔が絶えない方が、会話をしていて明るい気持ちになりますよね。同じ業務をするなら、前向きに楽しく取り組める環境を目指しましょう。

前向きな仕事の方が得をする

  • モヤモヤしながら仕事をしない
  • 周りが協力してくれる可能性アリ
  • あっという間に仕事が終わる

嫌な時間は長く感じますよね。前向きに楽しく仕事をすれば、あっという間に過ぎますし、やり甲斐を感じますよ!

看護助手に求められるスキル③:日常のコミュニケーション力

3つ目の求められる看護助手スキルは、日常のコミュニケーション力

仕事をする上でストレスを感じやすい原因の1つは、情報共有の不足ですよね。例えば、みんなは知っているのに自分だけ聞かされていなくて恥をかく…なんてことは避けたいものです。

報告・連絡・相談を心がけよう

  • 変化があったらすぐに報告をする
  • 状況の報告を常に心がける
  • 疑問に感じたら相談をしていく

共有を心がければ、トラブルを未然に防げる可能性が高くなります。働きやすい環境にするために心がけましょう!

\あなたらしく働ける環境を目指す/

【5つのポイント】看護助手に求められることを意識して前向きに!

結論として、看護助手は5つのポイントを求められます。

求められる5つのポイントを意識!
看護助手に求められること
【まとめ】
  1. 周辺業務【仕事】
  2. 一部の直接ケアや看護【仕事】
  3. 先回り・視野が広い行動【スキル】
  4. 笑顔で前向きな考え方【スキル】
  5. 日常のコミュニケーション【スキル】

看護助手は資格を取得しなくても働ける職種ですが、求められることを理解しないとやりずらさを感じてしまうでしょう。一番のポイントは、あなたがストレスなく働くこと。

求められる5つの仕事・スキルを覚えて、何が必要なのか考えてみるとモヤモヤを解消できる可能性がグッと高くなります。まずは、今の環境・今後の方向性を考えてみるのも良いですね。

\あなたらしく働ける環境を目指す/

看護助手資格を目指す方法もアリ【改善策】

看護助手の求められることやしてはいけないことを紹介しましたが「分かっていても解決できない」「これから看護助手になるのが不安…」と感じていませんか?

まだ不安が解消できないのであれば、資格を取得してあなたの強みに変えてみる方法もあります。

  • ユーキャン:分かりやすい教材で効率重視
  • たのまな:無制限の質問でモヤモヤ解消
  • LEC:メディカルワーカーを目指せる通信
  • ソラスト:eラーニング形式でどこでもOK

※まずは無料の資料請求がおすすめです。

スクロールできます
通信講座おすすめ受講料
(無料)
サポートポイントおすすめの人公式サイト

ユーキャン
36,000円1日3問の質問
延長サポート
・添削指導
・3ヶ月間のスキマ時間だけ
未経験でも分かりやすい
実績豊富な通信講座
はじめて看護助手を目指す
勉強する時間があまりない
勉強が苦手で自信がない
詳しくみてみる

たのまな
36,700円無制限の質問
延長サポート
・添削指導
・資格取得後の就職率が97.7%
・いつでも気軽に質問できる
50,000人程度の実績がある
就職までサポートしてほしい
合格者の多い講座が良い
質問しながら勉強したい
詳しくみてみる

LEC
39,000円なし・WebやDVDで試験対策が可能
メディカルワーカーを目指せる
・メディカルワーカーを目指したい
移動やスキマ時間を使いたい
詳しくみてみる

ソラスト
9,900円なしeラーニング形式で対策
いつでもどこでも対策OK
コスパの良い通信講座
コスパ良く目指したい
・eラーニングに抵抗がない
詳しくみてみる

※詳しくは公式サイトを確認しましょう。

特にユーキャン看護助手講座は、イラストや図が豊富で勉強が苦手でもサクサク学べるカリキュラム。口コミの評判も高く、忙しいあなたでも効率よく看護助手資格を目指せるでしょう。

あなたらしく働ける環境が一番大切です。せっかくならスキルアップして、楽しく看護助手の仕事をしましょう!

\あなたらしく働ける環境を目指す/

※しつこい勧誘は一切ありません。

おすすめ看護助手講座4選の比較はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる