看護助手に国家資格はある?メリット・デメリット/難易度まで徹底解説【2021年版】

この記事で分かること
  1. 看護助手の国家資格について
  2. メリット・デメリット
  3. 看護助手の難易度・合格率
3つのポイントが1分で理解できます!

突然ですが、こんな悩みを抱えていませんか?

看護助手を目指したいけど、国家資格があるのか分からない…。難しさとか合格率もハッキリしないからメリットがあるかイマイチ…。

看護助手は看護師や准看護師とは異なり、具体的な働くイメージや賛否の口コミが溢れているので参考にする情報が分かりにくいですよね。理由は、国家資格がなく働く人の価値観でイメージが変わる仕事のため。

そこで本記事では、看護助手の国家資格やメリット・デメリット、難易度を紹介しています。

おすすめ看護助手講座

※しつこい勧誘は一切ありません。

  • この記事を監修した人
ポピー

かなみ(KANAMI)

看護師7年目、小児科看護師。遊びつつも短期集中型で勉強して、国家試験合格!効率が悪いことが大嫌い。

おすすめ看護助手講座4選の比較はこちら

目次

看護助手に国家資格はあるの?

結論として、看護助手に国家資格はありません

とはいえ、看護師のような国家資格取得者と同じ職場で働く上で、無知な状態で勤務できるか不安になりますよね。まずは、看護助手に国家資格がない理由と勉強方法を理解しましょう。

受験前に看護助手資格の目的を理解すると、必要なスキルが分かってきますよ!

看護助手に国家資格はなし

看護助手資格は1種類のみ

  • 国家資格がなく、民間資格のみ
  • 看護助手資格は1種類だけ
  • 1回取得すれば、更新の必要なし

繰り返しになりますが、看護助手に国家資格がないため気軽に取得できるメリットがあります。試験の難易度も高くないため、身近な資格として例年14万人以上(※)が現場で働いています。※引用元:厚生労働省

国家資格でない
メリット
国家資格でない
デメリット
  • 受験ハードルが低い
  • いつでも受験できる
  • スキルUPが目的になる
  • 社会的な信用が低い
  • 評価されにくい傾向
  • 誰でも目指しやすい資格

国家資格に含まれないため、評価基準が就職先によって異なるリスクがありますが、気軽にチャレンジできるメリットは大きいです。勉強はちょっと苦手かも…と悩んでいても、合格できた実績は多数あります。

国家資格だと、年に1回しか試験がないケースが多いですよね。気軽に受験できるのも人気の秘訣ですよ!

看護助手は民間資格だけ!資格なしでも働ける

実は看護助手は、資格がなくても現場で働くことができます

例えば、患者さんのケアや直接的な治療を手伝う場合は看護師資格が必須ですが、雑務やサポートが中心の看護助手は資格がなくても勤務可能です。

スクロールできます
看護助手准看護師看護師
資格民間資格公的資格国家資格
資格の有無どちらでも可必須必須
仕事医師・歯科医師または
看護師の指示のもとで仕事を行う
医師・歯科医師または
看護師の指示のもとで仕事を行う
自己判断による仕事を行う
仕事の範囲書類作成や清掃業務など事務作業自分の判断で看護業務ができない自分の判断で看護業務ができる
看護助手と類似資格の違い

実際に看護助手資格なしで勤務するケースは多く、看護師で入職前にインターンシップとして現場で働くケースも増えています。患者さんとの円滑なコミュニケーションが求められる職種です。

資格がなくても現場で働く看護助手さんは多いです。ただ未経験は苦労しているので、入職前に求められるスキルを確認した方がストレスがかからないですよ!

\受講前に30秒でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

看護助手は国家資格がないなら独学でもOK?

看護助手資格は、受験資格がないため独学でも目指せます。(※)

とはいえ、ゼロスタートの場合は通信講座で効率よく試験対策した方が、二度手間がかからず合格率をグッと高めるメリットがあるでしょう。※取得する看護助手資格の種類で異なります。

通信講座受講料
(税込)
学習期間学習方法
ユーキャン36,000円3ヶ月間テキスト/DVD
たのまな36,700円3ヶ月間テキスト/DVD
LEC39,000円4ヶ月間テキスト/DVD
ソラスト9,900円3ヶ月間eラーニング

おすすめはユーキャン看護助手講座!実績が豊富で、スキマ時間だけで目指せる効率の良いカリキュラムですよ♪

\受講前に30秒でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

資格なしで就職できる仕事はどうなの?

出典:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/246

でも、資格なしで就職しても実際に働けるのか不安…。専門的な知識が必要なイメージがあるんだけど、現場でどうなっているのか気になるな…。

結論として、賛否があるのであなた次第になります。例えば、保険の営業職に就職する前に経験が必須のケースはごく僅かですよね。

看護助手資格も同じで、スムーズに職場に慣れるメリットがある一方で、必ず必要なわけではありません。日本看護協会のアンケート調査でも半数以上が「特に必要ない」と回答しています。

看護助手資格の
メリット
看護助手資格の
デメリット
  • 医療現場での経験が可能
  • 看護師の準備になる
  • 一時的な就職がしやすい
  • 雑用が中心で面白くない
  • 資格がなくても就職可能
  • 直接的なキャリアアップが少ない

ここからは看護助手資格のメリット・デメリットを詳しく紹介していきます!

看護助手資格を取得するデメリットは3つ

上から順番に紹介していきます。

看護助手資格のデメリット①:雑用が中心で面白くない

看護助手資格を目指す1つ目のデメリットは、雑務中心でモチベーションが上がりにくいこと

具体的には、書類の整理や受付対応・シーツの交換など看護師のサポートが仕事になります。看護師・准看護師のような華やかなイメージ…とはちょっとかけ離れているため注意しましょう。

看護助手の仕事内容(例)

  • 患者さんの書類整理やまとめ
  • ベッドの清掃やシーツの交換
  • 冷蔵庫の清掃や備品の整理 など

看護師や准看護師の手が届かない作業を担当します。表舞台には出にくいため、好みがあるかもしれません。

看護助手資格のデメリット②:資格がなくても就職できる

看護助手資格を目指す2つ目のデメリットは、資格がなくても就職できること

繰り返しになりますが、看護助手は国家資格がなく資格なしでも就職できます。現場で働きながらスキルアップしたい場合は、入職前に資格を目指すメリットがないと評判になっています。

事前に取得する
メリット
事前に取得する
デメリット
  • 入職後のイメージが明確になる
  • すぐに現場に馴染める
  • 前向きに勤務しやすい
  • 資格の有無は関係ない
  • 余計な先入観になる可能性

入職後にすんなり働けるメリットがあります。勤務先によって条件が異なるので、事前に確認しましょう!

看護助手資格のデメリット③:キャリアアップや将来性が少ない

看護助手資格を目指す3つ目のデメリットは、キャリアアップの選択肢が少ないこと

現場で働く看護助手の大半は、看護師・准看護師のステップアップや一時的なアルバイトです。例えば、看護助手で働き、アパレル業界や美容業界などのキャリア変更は考えにくいため注意しましょう

看護師や准看護師の準備として働くケースが多いです。別業種に興味がある場合は、一時的な勤務と割り切った方が良いでしょう。

\受講前に30秒でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

おすすめ看護助手講座4選の比較はこちら

看護助手資格を取得するメリットは3つ

デメリットと比較して、資格を目指す意味があるかよく考えてみましょう!

看護助手資格のメリット①:医療現場で働く経験ができる

看護助手資格を目指す1つ目のメリットは、医療現場で働く経験ができること

国家資格なしで医療現場の経験ができる職種は、看護助手・医療事務など限られていますよね。特に看護助手の場合は事務作業だけでなく、看護師の近くで働けるのでやり甲斐は感じやすいです。

看護助手資格
事務関係の資格
  • 患者と近い位置で働く
  • 看護師のパートナー勤務
  • 仕事の幅がやや多い
  • 受付や事務作業中心
  • 決められた作業が大半
  • 仕事の幅は少なめ

看護助手さんには、臨機応変な対応が求めています。一緒に患者さんのために考えて、適切な対応をしていきます!

看護助手資格のメリット②:看護師または准看護師になる準備ができる

看護助手資格を目指す2つ目のメリットは、看護師や准看護師になる準備ができること

現場では、将来的な就職のため看護助手として働くケースは少なくありません。具体的には以下のイメージです。

看護助手の働くキッカケ・具体例

  • 看護師や准看護師で働く(試験の)準備
  • 試験で不合格になったことがキッカケ
  • 現場で働いて、勤務後のギャップを防ぐ など

次に繋げるため、看護助手で働くケースは多いです。現場で働くとイメージが分かりやすいですよね♪

ユーキャンで准看護師を目指せる?結論はこちらから

看護助手資格のメリット③:一時的な就職がしやすい

看護助手資格を目指す3つ目のメリットは、一時的な就職がしやすいこと

看護師や准看護師のような国家・公的資格とは異なり、気軽に就職ができるメリットがあります。例えば、育休後の職場復帰や短期間での勤務もしやすい職種です。

項目詳細
就業者数141,740人
年収312.2万円
ハローワーク募集月収17.2万円(平均)
年齢46.8歳
出典:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/246

看護師や准看護師よりも年収は下がりますが、パート勤務としては平均よりも高い水準になっています。短期間の勤務もしやすいため、主婦やWワーク・学生に人気の職種です。

\受講前に30秒でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

看護師資格を目指せるおすすめ5選はこちら

【まとめ】看護助手は国家資格がない!メリット・デメリットを確認してから受験しよう

結論として、看護助手は国家資格がなく資格なしでも働けるメリットがあります。とはいえ、ゼロスタートから現場で働くと理解するまでの負担が多く、おすすめできません。

看護助手資格を
事前にチェック!
  • 国家資格がなく、気軽に働ける
  • 資格なしで働くケースは多い
  • 難易度は低く、目指しやすい資格
  • 現場で働くイメージが分かる
  • 資格を取得した方が理解しやすい
14万人以上が働く資格ですよ!

種類によっては受験資格がなく難易度が低いため、気軽に目指せる実践スキルとして女性を中心に人気の看護助手資格。国家資格でないのでハードルが低く、働く幅が広がるメリットは大きいですよね。

看護助手資格に興味があるけど、まだイメージがパッとしない…」と悩んでいたら、無料の資料で身につくスキル・働くイメージを詳しく確認してみると分かりやすいでしょう。

\受講前に30秒でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

おすすめ看護助手講座4選の比較はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる