発達障害学習支援サポーター資格の口コミや合格率・難易度を徹底解説【おすすめ資格】

発達障害学習支援サポーター資格の口コミや合格率・難易度を徹底解説【おすすめ資格】
  • URLをコピーしました!

この記事で分かること(1分)

  • 発達障害学習支援サポーターってどんな資格?
  • 口コミからみるメリット・デメリット
  • 発達障害学習支援サポーターがおすすめな人って?

発達障害は一人一人特性に違いがあり、学習面での困り感もさまざまです。子どもに合わない勉強の押し付けは、意欲低下や自己肯定感の低下にも繋がるリスクがあります。

私自身、子供にあったやり方が理解できず、一般的な学習方法を押し付けてしまった経験が…。結果として、子供は勉強嫌いになり、机の前に座ると頭をかきむしりパニックを起こすようになりました。

適切な学習のサポートは、子供の学習意欲を高めていけば「できた」という達成感につながります。とはいえ、具体的なサポートやフォローがパッとしない…。

そこで本記事では、発達障害の理解と発達障害児に合わせた学習支援ができる「発達障害学習支援サポーター」の難易度や合格率・口コミを徹底解説しています。

主婦向けの発達障害おすすめ資格!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

目次

発達障害学習支援サポーター資格の特徴

発達障害学習支援サポーターの特徴

発達障害支援サポーターは、一般社団法人子ども・青少年育成支援協会が主催する民間資格です。目的は、学習サポートができる人材の育成と子供たちの学び促進となります。

発達障害学習支援サポーターの特徴

  • 試験は1級から3級の3段階
  • 試験の受講には「発達障害基礎理解講座」の受講が必要
  • 専門知識のない方でも一から学べる
  • オンライン受講可能

試験は、3級〜1級まで3段階ですが、各発達障害基礎理解講座Ⅰ・Ⅱの受講と修了証が必要(※)です。発達障害基礎理解講座I、IIでは基礎から発達障害学べるので、専門資格や専門知識のない方でも前向きに勉強ができます。

KANAMI

さらにオンラインで受講ができます。ちょっとしたスキマ時間で勉強ができるので、主婦には嬉しいポイントですよね!

※発達障害基礎理解講座IIは専門資格保有者は免除

発達障害学習支援サポーター資格の合格までのスケジュール

3級のスケジュール

  1. 発達障害基礎理解講座Ⅰの受講
  2. 発達障害基礎理解講座Ⅱの受講
  3. 発達障害学習支援サポーター養成講座の受講
  4. 試験(全国の会場から自分で選択)
  5. 合格

発達障害基礎理解講座Ⅰは任意受講・発達障害基礎理解講座Ⅱは資格保有者が免除ですが、いずれも試験範囲です。発達障害をゼロから学びたい場合は、基礎から学べる発達障害基礎講座Ⅰの受講もオススメです。

KANAMI

専門知識がなくても、基礎理解から学べるのは嬉しいですよね。難しそう…と悩んでいても、背中をソッと押してくれるカリキュラムですよ!

発達障害学習支援サポーター資格の合格率・難易度

発達障害学習支援サポーター資格の合格率は公表されていません。とはいえ、合格基準は60%の正解率になっているので、勉強が苦手でも集中した対策ができれば合格できた口コミが出ています。

合格者の特徴(口コミや評判)

  • 発達障害基礎理解講座Ⅰから順番に受講で合格
  • 専門知識がなくてもスキマ時間だけで合格
  • 家庭内支援が目的でもサクサク合格できた
KANAMI

具体的な合格率の公表はありませんが、大半はゼロスタートでも一発合格を目指せます。勉強が苦手でも実用的で分かりやすいと評判ですよ!

発達障害学習支援サポーター資格の口コミや評判

発達障害学習支援サポーター資格の悪い口コミ・評判

費用がかかるのが大変そう

資格を取るのに約3万円、加えて年間の更新料7千円がネック

https://twitter.com/kinako_namo/status/1263865012193353732

国語や算数の支援方法はあるが理科や社会、英語などの支援方法がない

https://twitter.com/box_astral/status/1144757490900279296

発達障害学習支援サポーター資格の良い口コミ・評判

すごくわかりやすい、知らないことをたくさん知れる

学習支援だけでなく、障害特性や関わり方、支援者としての考え方まで学べる

数学は中学レベルですが子供に教えるのに役立っている

https://twitter.com/chimakinrock/status/1176462565670440961

口コミからわかる発達障害学習支援サポーターのメリット・デメリット

口コミから分かるメリット

  • 専門知識がなくてもわかりやすい
  • 家庭内支援で知りたい発達障害への理解や関わり方・学習支援を網羅
  • 家庭での学習指導に役立つ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

口コミから分かるデメリット

  • 費用面の負担がネック
  • 教科によって支援方法がわからないものもある

口コミでは基礎から1つ1つ学べて、効率よく発達障害への理解が深まる評判が豊富です。発達障害の特性や関わり方まで学べるので、支援者として自信につながりやすいのでしょう。

一方で、発達障害学習支援サポーターの資格取得を悩んでいる方からは費用面での心配も…。基本受講料が必要な上に、資格更新の年会費として別途費用が必要です。

KANAMI

更新料が毎年かかるので、資格更新をせずに自分の知識としてとどめておくか悩む口コミも出ています。家庭内での支援を目的であれば、スキルアップだけでも十分なので目的を考えてみましょう!

発達障害学習支援サポーターがおすすめの人

発達障害学習支援サポーターがおすすめの人

  • 家庭内での学習サポートに役立てたい人
  • 専門資格保有者で発達障害児の学習支援について学びたい人
  • 子供と関わる機会が多い人で発達障害について学びたい人

発達障害学習支援サポーターは、専門資格保有者のスキルアップだけでなく発達障害の子どもとの関わりに役立てたい場合でも活用できます。

KANAMI

特性を理解して子供に合わせた学習方法を考えれないと辛いですよね。資格を通して、子どもとの関わり方を根本的に見直してみましょう!

口コミからわかる発達障害学習支援サポーター資格のおすすめポイント!

発達障害学習支援サポーター資格
おすすめポイント
  • 発達障害の基礎から学びやすい
  • 知識がなくても取り組める内容
  • 1級〜3級まで受講できる資格
  • 関わり方が明確になりやすい
  • 子どもと適切な関わりが分かる
あなたのペースでスキルアップできますよ!

発達障害学習支援サポーターは、発達障害を抱えるこどもたちを対象として作られた資格です。一人一人の特性を理解し、子どもにピッタリの学習支援がないと学習意欲や、自己肯定感の低下につながります。

子どもとの適切な関わり方や距離感が分からない…と悩んでいたら、基礎から効率よく学べるカリキュラムで、スキマ時間にスキルアップしてみませんか?

主婦向けの発達障害おすすめ資格!

\今なら1万円割引で受講OK/

セット 2種類の専門資格はこちらから

おすすめの発達障害児支援の資格はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる