看護師国家試験は勉強してないと落ちる?7つの特徴と落ちる人の勉強方法を徹底解説【第111回対策】

  • 看護師国家試験は勉強しないと落ちる?
  • 落ちる人の特徴と勉強方法を知りたい
  • 1回で合格を目指したいけど、自信がない

この記事では、第111回試験を目指しているあなたが一発合格を目指すために、落ちる人の勉強方法や特徴を徹底解説しています。最初に結論を紹介すると落ちる人の特徴は7つです。

看護師国家試験で
落ちる人の特徴7選
  1. 必修問題の対策をしてない
  2. 過去問を勉強してない
  3. 過去問を丸暗記しているだけ
  4. 読み間違いや記入ミスが多い
  5. 1問あたりに時間をかけすぎている
  6. 自己管理ができていない
  7. スケジュール管理をしていない
受験前に不安を減らしましょう!

分かっていても勉強はめんどくさいですよね…。とはいえ、年間で6,000人以上が不合格になっている事実もあります。

本記事で落ちる人の特徴や勉強方法を理解して、第111回の試験を一発合格できるように対策しましょう

  • この記事を監修した人
ポピー

かなみ(KANAMI)

看護師7年目、小児科看護師。遊びつつも短期集中型で勉強して、国家試験合格!効率が悪いことが大嫌い。

おすすめの参考書はこちらで解説

目次

看護師国家試験で落ちる人の勉強方法・特徴【7選】

  1. 必修問題の対策をしてない
  2. 過去問を勉強してない
  3. 過去問を丸暗記しているだけ
  4. 読み間違いや記入ミスが多い
  5. 1問あたりに時間をかけすぎている
  6. 自己管理ができていない
  7. スケジュール管理をしていない

なかには致命的な問題もあります。受験前の今のうちに確認しましょう!

落ちる人の勉強方法・特徴①:必修問題の対策をしてない

1つ目の落ちる人の特徴は、必修問題の対策をしていないこと

看護師国家試験は、必修問題(50点満点)で正答率80%以上であることが必須です。看護師として必要な基礎的な知識を前提として問題が作られているため、現場で活かす機会が多くなっています。

勘違いに注意が必要!

  • 「必修問題=かんたん」は間違い
  • 基礎内容が中心だが、現場で活用できる
  • 看護師勤務後も役立つ内容

必修問題の対策を行っていなかった、知識が浅かった…などの理由で
落ちた看護学生(同級生や先輩)も実際にいます。じっくり勉強をして損はないですよ!

落ちる人の勉強方法・特徴②:過去問を勉強してない

2つ目の落ちる人の特徴は、過去問を勉強していないケース

看護師国家試験の問題はプール制(過去問に類似した問題を多く出題)で成り立っています。10年間分程度の過去問で勉強をしていないと、点数を加算できずに落ちてしまう可能性が高いでしょう。

私の場合は参考書(クエスチョンバンク)で対策しました。自分に合った勉強方法を見つけましょう!

落ちる人の勉強方法・特徴③:過去問を丸暗記しているだけ

3つ目の落ちる人の特徴は、過去問を丸暗記して理解していない勉強スタイル

「プール制だから、過去問を解いていれば問題ない…!」と安易な考え方は黄色信号です。問題に対する答えのパターンを覚えてしまい、試験当日の引っ掛け問題で不正解になるリスクがあります。

問題に対する答えだけでなく、理由が分かるまで勉強すると試験当日に迷わず解答できますよ!

勉強方法がイマイチ分からないなら通信講座

落ちる人の勉強方法・特徴④:読み間違いや記入ミスが多い

4つ目の落ちる人の特徴は、読み間違いや記入ミスが多いケース

普段からケアレスミスが多いと、落ちてしまう可能性がグッと高くなってしまいます。午前午後それぞれで120問の問題を解く看護師国家試験は、小さなミスを減らすことが大切です。

ケアレスミスを減らして合格へ!

  • 落ち着いて1つ1つ問題を解いていく
  • 集中力を切らさないようにする
  • 普段から落ち着いた行動を心がける

テンパると思うような結果に繋がりにくいです。普段から丁寧な勉強をすると、落ちるリスクが減っていきますよ!

落ちる人の勉強方法・特徴⑤:1問あたりに時間をかけすぎている

5つ目の落ちる人の特徴は、1問あたりの問題に時間をかけすぎていること

看護師国家試験は、生き物のようなものです。プール制が取られているとはいえ、見たことのないような問題が出ることも想定できるため普段から心の準備をすると良いでしょう

試験当日の解答時間はかなり少ない!

  • 1問あたり1分20秒程度で解く必要がある
  • 時間をかけすぎると問題が終わらないリスク
  • 速読・余裕を持った試験対策が必要

解答時間が足りなくて落ちてしまった例も少なくありません。迷ったら後回しにするなど、余裕を持って望んだ方が良いですよ!

落ちる人の勉強方法・特徴⑥:自己管理ができていない

6つ目の落ちる人の特徴は、試験当日に自己管理ができていないケース

看護師国家試験は民間資格と異なり、1年に1回しかチャンスがありませんよね。当日に体調を崩して落ちてしまっても…、勉強どころではなくなってしまうので、生活リズムの見直しを心がけましょう。

試験当日に寝坊してしまったら取り返しがつきません。特に試験が近づいたら生活リズムを意識しましょう!

落ちる人の勉強方法・特徴⑦:スケジュール管理をしていない

7つ目の落ちる人の特徴は、合格までのスケジュールが明確でないこと

看護師国家試験の勉強をする前に、授業や臨床実習など乗り越える壁がいくつもありますよね。落ちてしまう人のなかには、試験勉強する余裕がないまま本番に臨むケースは少なくありません。

スケジュールを理解しよう!

  • 授業や臨床実習で限られた時間内で勉強
  • 全体スケジュールを理解する必要性
  • 難しい場合は通信講座で勉強もアリ

勉強する時間の確保が難しい場合は、通信講座でサクサク勉強する方法もあります。少しでも合格率を上げる工夫をしましょう!

現役看護師がおすすめする通信はスタディング

\スマホ1台で効率よく対策/

▼ 看護師資格を目指せる通信講座はこちら

看護師国家試験で落ちる人の勘違いパターン

看護師国家試験で
落ちる人の勘違いパターン
  • 必修問題対策ばかり勉強した
  • 臨床実習が想定以上に大変だった
  • 分からない問題に時間をかけた
  • 模試の振り返りや復習をしていない
  • 暗記を頑張ったけど、点数が全く伸びずに落ちてしまった
落ちてしまう人のよくあるパターンです。

看護師国家試験で落ちる人のよくあるパターンは5つです。

いずれも受験前に落ちてしまう人の特徴パターンを理解していれば、クリアできる問題となっています。正しい国家試験対策を、効率よく取り組むことが合格への最短ルートですよ!

落ちる人の傾向から気をつけること

  • バランス良く試験対策を続ける
  • 模試の振り返りや復習に時間をかける
  • 1つ1つ理解をしてから先に進む

落ちるリスクが怖い場合は、授業・臨床実習・試験勉強の3つのスケジュールを見直してみましょう。全体を可視化することが大切ですよ!

看護師国家試験で一発合格しやすい人の特徴

看護師国家試験で
合格する人のパターン
  • 試験勉強する内容が的確
  • 復習や確認を怠らない
  • 理解しながら勉強していく
  • 合格までのスケジュールが明確になっている
効率よい勉強が合格への近道ですよ!

看護師国家試験で合格しやすいパターンは4つです。

特に1つ1つ理解をしながら勉強していくことは、試験本番でも慌てずに解けるため合否を分ける重要ポイントです。年に1回しかない試験に向けて、万全の状態で臨みましょう。

合格するための秘訣は簡単!

  • 余裕を持ったスケジュールを立てる
  • 理解しながら問題をこなしていく
  • 落ちる人と異なる試験勉強が最短ルート

ポイントを掴むまでが大変ですが、慣れればスラスラ勉強が進みます。何度も繰り返して、インプットを繰り返しましょう!

看護師国家試験の合格率が高い理由は?

看護師国家試験の勉強はQBだけでも大丈夫なの?

参考書看護師国家試験問題解説
出版社クエスチョンバンク
おすすめ
価格
(税込)
5,940円
問題数2,088問
過去問10年間分
解説図表が多い
分かりやすい
予想問題豊富

結論として、クエスチョンバンク(QB)の試験勉強だけでも合格を目指せます

レビューブックとの連動が評判で、看護師国家試験を受験する看護学生の50%程度が活用しています。私もクエスチョンバンク(QB)の勉強だけで合格できたので、現実的といえるでしょう。

参考書または通信講座を活用した方が、効率よく一発合格を目指せます。あなたに合った勉強方法を見つけることが大切ですよ!

おすすめの参考書はこちらで解説

【まとめ】看護師国家試験で落ちる人は7つの特徴アリ!勉強方法に注意しましょう

繰り返しになりますが、看護師国家試験で落ちてしまう人は7つの特徴があり、いずれも事前に対策できる内容となっています。

落ちる人の特徴7選
  1. 必修問題の対策をしてない
  2. 過去問を勉強してない
  3. 過去問を丸暗記しているだけ
  4. 読み間違いや記入ミスが多い
  5. 1問あたりに時間をかけすぎている
  6. 自己管理ができていない
  7. スケジュール管理をしていない
勉強方法に注意しましょう!

具体的には、合格までのスケジュールの把握・正しい勉強方法を理解する2つの対策がポイントです。そのためには、参考書や通信講座の活用など、あなたにピッタリな手段を見つけましょう。

一発合格を目指して、ストレスなく取り組める環境を探してみましょう!

おすすめの参考書はこちらで解説

▼ 看護師資格を目指せる通信講座はこちら

※本記事内の料金は税込価格です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる